2009年07月31日

iPhone3Gと3GSとの違い

3g_or_3gs.jpg
今現在、手に入るiPhoneには大きく分けて「iPhone3G」「iPhone3GS」の2種類があります。見た目は全く同じなので違いがわかりにくいのですが、実はけっこう違います。

先の6月に発売になったiPhone3GSは、旧型であるiPhone3Gに比べ、以下の機能が追加されています。

 ・300万画素のオートフォーカスカメラ(3Gは200万画素の固定焦点)
 ・ビデオ撮影
 ・電子コンパス
 ・音声コントロール

以上の追加機能は、ハードウエアで追加されていますので、旧型のiPhone3Gでは使うことができません。

また、ソフトウェア的には、

 ・Spotlight(スポットライト:全検索機能)
 ・SMSだけでなくMMSにも対応

の2点が新たに追加されていますが、この機能はiPhone3GもOSを3.0にアップグレードすれば使えるようになりますので、違いとしては考えなくていいと思います。

それからこれは実際に触らないとわからないのですが、iPhone3GSでは、メインメモリの増加とCPUの高速化により、目に見えて動作がサクサクになりました(個人的にはこれが一番ありがたく思います)。

値段を考えると、キャンペーン適応で実質0円の旧型iPhone3G 8GByteモデルはリーズナブルですが、追加できないハードウエアの機能を考えると、うーん…となってしまいます。
悩んでいらっしゃる方には、新型のiPhone3GS 16GByteモデルがおすすめではないかと思います。






posted by kazu at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneを買う前に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。