2009年08月01日

iPhoneのアプリが突然終了(泣)

iPhoneはアプリを入れることでいろいろなことができます。

が、アプリを使いすぎることでメモリ不足を起こすことがたまーにあります。
メモリ不足になると、アプリが突然終了したり、画面がフリーズして動かなくなったりするので「うわ、故障か?」と思って焦りまくりです。

そんな時の便利な技。


【iPhoneでのメモリ解放技】
 1. iPhone右上の「スリープ/電源ボタン」を5秒ほど長押し。
 2. 画面が赤いスライダーの「電源オフ」になります。(ここまで電源オフと手順は同じ)
 3. そのままの画面で、下のホームボタン(□)を7秒ほど長押し。
 4. ふわっとホーム画面に切り替わったら、メモり解放成功です。


…電源を切って再起動しするよりお手軽ですので、メモリの残りが気になったときにこれをやっておくと、突然のアプリ終了を回避できます。






タグ:メモリ
posted by kazu at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneのトラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。