2010年08月02日

iOS4とiPhone3Gの相性

iphone-os-4.0.pngさてさて、iOS4が登場してひと月以上がたつわけですが、うちのiPhone3G 8GByteモデルiOS4にアップデートして、いろいろと気になる点が。
今のうちにレポートをまとめておきたいと思います。


【iPhone3GでもiOS4にしてよかった点】

○ アプリをフォルダで分類できるのは超便利。アプリ起動にワンステップよけいにかかってしまいますが、それが気にならないほど合理的でナイスです。

○ スリープからの復帰後のwifiのつかみが速い。スリープ中もwifiをつかみっぱなしなのかな?(バッテリーの持ちにも関係ありそうです)

○ GPSが正確で速くなった。屋内やビルの陰でもかなり正確に位置を特定できています。しかも速いです。


【iPhone3GでiOS4にして悪くなった点】

× バッテリーの持ちが悪くなった。1割以上短くなったようです。特にwifi使用時に顕著なようです。

× 全体的に動作が重い。日本語入力に切り替えたとき(キーボードを出したとき)の重さはちょっとひどいかも。スリープ長押しからのメモリ解放動作が欠かせません。

× iOS4とiPhone3Gとの相性なのか、使えなくなったアプリがいくつか。辛いのは、私のお気に入りの『Navi Cat』が、地図の表示のあまりの遅さにほとんど使い物にならなくなって…(泣)


…ざっとこんな感じでしょうか。

メリットとデメリットを比べた場合、デメリットの方が多く感じられてしまいます。

iPhone3G自体がすでにレガシーなんでしょうか…悲しいですが、すでに2世代前の機種であることも事実です。ううう…

iPhone3G持ちの方でまだiOS4にアップデートしていないなら、アプリの対応やマイナーアップデートを見ながら、もうちょっと待った方がいいかも知れません。


早くiPhone4を買いたいけど、私が欲しい白モデルはどうなってしまうんでしょう。
いろいろと悩ましい今日この頃のiPhoneライフです。むう。





タグ:iOS4
posted by kazu at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneのOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。