2011年11月11日

iOS5.0.1ソフトウェア・アップデートでwifiアップデートを試してみました

iOS5

iOS5.0.1アップデートが出ました。

主にiPhone4sで取りざたされている「バッテリーの持ちが悪い」問題を習性するためのアップデートですね。

• バッテリーの連続駆動時間に関する問題を修正
• iPad(第一世代)のマルチタスキング
• ジェスチャーを追加
• “Documents in the Cloud”機能に関する問題を修正
• オーストラリア英語による音声入力時の認識精度が向上

この内容ならうちのiPhone4にはあまり関係ないみたいです。
なので今回の5.0.1アップデートは飛ばしてもいいかなー、とも思いましたが、試してみたい機能があったのでアップデートしてみます。

その機能とは、wi-fiアップデート」!!

今までiPhoneのOSをアップデートする場合は、パソコンのiTunesを使う必要がありました。しかし、iOS5からはwi-fiに繋がっていればiPhone単体でOSのアップデートが可能になっています。

早速これにチャンレンジです!


まずは、iPhoneの「設定」アイコンから「一般」を選択。
上から2番目に「ソフトウェア・アップデート」がありますので、これをタップ。

すると、「アップデートを確認しています」と出て、すぐに「iOS5.0.1」の情報が表示されます。
ここでアップデート用ファイルの容量も確認できます。うちの場合「44.6MB」でした。この位なら仕事場の光回線ならあっという間にダウンロードできそうです。

「ダウンロードしてインストール」をタップすると「利用条件」が表示されます。よく読んで「同意する」をタップ。

「ダウンロード中にiPhoneを電源に接続すると、作業中のバッテリーの節約になります」というメッセージが出ます。ここは(実験の意味も含めて)あえてバッテリー駆動のままいきます。ですので何もせず「OK」をタップ。

残り時間「あと約2分」と出ています。実際は1分ちょっとでダウンロードは終了。速いですねー。

しかし、「アップデートを準備中…」に変わってからがちょっと長いです。この表示のまま5分くらい待たされます。(バーは少しづつ伸びてるけど遅いです)

「再起動します」というメッセージが出ます。「再起動」をタップしてもいいですし、放っておいても数秒で自動的に再起動します。

再起動自体も数分かかります。これは以前と同じですね。お茶でも飲みながらゆっくり待ちましょう。

再起動が終わると、ロック画面になりますので、ロックを解除して「設定」→「一般」→「情報」でバージョンチェック。
見事「5.0.1」と表示されています! iOS5.0.1アップデート完了ー!

かかった時間はトータルで20分弱。バッテリーも「98% → 96%」と2ポイントしか減っていません。

これは楽チンでお手軽です。なんで今まで出来なかったのか不思議なくらい。

wi-fiアップデートは、今回のようなマイナーアップデートなら全く問題なく使えそうです。(OS自体のバージョンが変わる例えば「iOS6」などにアップする場合はまだ未知数ですけどね)



posted by kazu at 21:51 | Comment(1) | TrackBack(0) | iPhoneのOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Wi-Fiには繋いでいるのに
アップデートとゆうのが
でて来ません…
何故でしょう(´Д` )?
Posted by にゃん at 2012年03月26日 21:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。