2011年12月01日

docomoからもiPhone発売と報道がありました

logo_docomo_s1.jpg12/1日付の日経ビジネスの記事「ドコモ、来年夏にiPhone参入 次世代高速通信規格「LTE」に対応」にて、docomoもiPhoneをつこうらしいことが明らかになったようです。

対象になるのは今後発売予定の「iPhone5」および「iPad」だそうですが、来年夏以降の話ですので、まだまだ先のことですね。
とはいえ、この秋auがiPhone市場に参加したことが大きなニュースになったのもつかの間、とうとう日本3大キャリアがすべてiPhoneを扱うことになるとは、さすがに予想外です。

docomoがiPhoneを扱うことで気になると言うか期待できることがひとつあります。
記事にもあるように「LTE対応」というのが大きな鍵になりそうな予感。それは「テザリング機能」についての期待です。

実は、今日本ではSoftbankもauも「デザリング」を封じています。3G回線網のトラフィックの混雑を考えたら仕方ないということもわからなくも無いですが、やっぱり使えないっていうのは嫌なものですよね。

しかし、次世代回線網である「LTE」であれば、データ通信については負荷が軽減される可能性が大きいのではないかと。つまり、LTEを使う前提で、iPhoneでの「テザリング」がNTTdocomoにおいては解禁されるのでは…? と期待を持ってしまいます。

おそらくdocomoではお値段的なものはあまり期待できないと思いますが、回線品質の良さに加えてこの『テザリング』が解禁されることで、Softbankやauに大きな差別化を図ることができます。

私たちiPhoneユーザーにとって、選択肢が増えて嬉しい一方、悩みも増えそうです。贅沢な悩みですが(笑)

--
【追記:】
CNET JAPANの記事によりますと、docomo側は公式コメントにて「iPhoneおよびiPadの取り扱いについてドコモがアップルと基本合意したという事実はございません」と、全面的に否定しているようです。





posted by kazu at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。