2012年06月24日

BCジャパン COLORS MarkII(HPC240-BK)をiPhoneで使ってみた

私の仕事する場所の範囲には自衛隊の飛行場があります。
この戦闘機の発着音と言ったらもう大変なものです。電話の音も聞こえませんしこちらの声も相手に聞こえなくなってしまいます。

うるさい間は電話を中断するしかなかったのですが、ふと「ヘッドセットのノイズキャンセリング機能ってこういう時に役立つんじゃね?」と思いついて、Bluetoothでノイズキャンセリング機能のついた機種で手頃なものを購入して試してみました。

それが今回レポする「BCジャパン COLORS MarkII ノイズキャンセル機能搭載型Bluetoothワイヤレスハンズフリー ブラック HPC240-BK」です。




この機種は、Bluetoothヘッドセットとしては標準的な「HFP/HSPプロファイル」のみが搭載です。ヘッドセット機能専用ということですね。音楽などを聞くためのプロファイル(A2DPなど)はありません。そこは要注意です。

イヤフォン部分はカナルタイプです。自分の耳に合うイヤーチップを選べば遮音性はバツグン。騒音下で使うにはこれは必須ですね。

じっと座って話をするなら、このイヤーチップのお陰でイヤーフックなしでも保持できるのもいいです。イヤーフックって電話がかかってきた時に耳にかけるのがちょっと手間取るんですよね。ちなみにこの「COLORS MarkII」のイヤーフックは簡単に着け外し出来ます。

そして本命の「ノイズキャンセリング機能」です。

知り合いに実験を頼んで、戦闘機が気合入れて発着している時間中にこの「COLORS MarkII」をペアリングしたiPhoneで電話します。ちなみにこの時の騒音の大きさは、テレビのスピーカーからの音なんかはまず聞こえない状態です。数分この騒音下で話した状態での、お互いの感想です。

■ 発信側(自分):相手の声ははっきり聞き取れます。カナルタイプの面目躍如です。開いている耳を手でふさぐと更に効果大。

■ 受信側(相手):ノイズらしきものは増えたけど、声ははっきり聞こえたようです。こちらがことさら声を張り上げる必要もなし。

あの爆音下でちゃんと通話が成り立ったことを確認しました。
目の前にいる人との会話もままならない騒音の中なのに、むしろ電話での通話のほうがちゃんとできるというのが、もうほんとにテクノロジーバンザイです。

普段の通話用にもこれを使うことになりそうです。ノイズキャンセルは、普通の騒音でも役に立ちますしね。

ただひとつだけこの「COLORS MarkII」には不満があります。音量調整する機能がないのです。
ですので、受話音量や呼び出し音は、iPhone側ですることになります。普段のiPhoneの呼び出し音の音量設定だと、これを耳にしてる時の音量が大きすぎて心臓に悪いです(笑)。
「COLORS MarkII」のイヤフォンの音質が素直で人の声は聴きやすく、相手音声の音量もiPhone側で調整できるのでそう不便というわけではないです。


デザインも悪くないし、Amazonで2000円を切る値段だったこともあって何も考えずに購入したのですが、iPhoneとのペアリングもあっさりいって問題なし。機能的にも大満足です。

「ノイズキャンセリング機能」ってほんとに素晴らしい!





posted by kazu at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone用グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。