2012年09月03日

iPhone5はどうやらリーク情報通りの外見なのかな?

どうやら発表がカウントダウンの段階に入っているらしい「iPhone5」ですが、いつものようにいろいろなリーク情報が飛び交っていますねー。

ただiPhone4S以前の頃のリーク情報と比べ、ほぼ情報が一つの形でまとまっているっぽいのが今回のiPhone5に関する情報の特徴でしょう。
フライングでもうすでにAmazonでiPhone5用のケースも売っていますし(笑)

ジョブズが亡くなってからアップル社の情報保持力が弱まったのか、はたまた「意図的リーク」による一種のテザー広告なのか、それは不明ですが、自分的にはリーク情報の通りのiPhone5が出て来ることが間違いなさそうだなー、という気持ちになっています。

どういう情報がリークされているは、こちらのNAVERまとめのページなどを参考にするといいでしょう。

ざっとまとめますと、

・4インチのディスプレイ
・縦長の本体
・裏はアルミと樹脂のツートン
・ドックが小型化
・ヘッドフォン端子が底面に

このあたりが今のiPhone4/4Sとの大きなモデルチェンジ内容になりそうです。(ちなみにCPUも最新の「A6」プロセッサになりそうですね)


仮にこれが「iPhone5」もしくは「新しいiPhone」(iPadにならってナンバリングが無くなる可能性も大です)だとして、自分的には期待と不安相半ばといった感じです。

ディスプレイが大きくなるのは、HDムービーを見るときに画面いっぱいで見られますし、画面の情報量が多くなってありがたいのですが、今のiPhone4/4Sの「片手で操作できる」サイズでは無くなりそうなのが心配です。
アンドロイド機を触ることも多いですが、4インチディスプレイ(それより大きなものも多いですが)の機種は、片手操作では親指が届かないんです。

画面大型化(とCPUの高性能化)は、バッテリーの持ち時間に大きく影響しますので、それも不安ですねー。

あと、人によるでしょうが裏面のツートンがどうも安っぽいというか、ミニマルデザインのAppleらしくないというか…

ドックコネクタが小型化するのも、今までのドックケーブルなどが使えなくなってしまうのはけっこう痛いです。ドックケーブルは変換器などを使うことで使い回せるかもしれませんが、ドックスピーカーなんかは無理そう。

ヘッドフォン端子が底面に回るのはけっこうありがたいかもしれません。ヘッドフォンのケーブルが上から出てるのは割と邪魔ですし、胸ポケットなどににしまう時、上下逆さまのほうが自然にしまえます。



…あれ、不満の方が多いですね〜(笑)

でも私用のiPhoneは4Sにせず4のままで我慢してきましたので、iPhone5が出たら間違いなく買い換えるとは思います。siriさんとお話もしたいですしね(^_^)





タグ:iPhone5
posted by kazu at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。