2013年06月10日

WWDC2013でフラットデザインなiOS7が姿を見せる?

ずいぶんと記事更新の間があいてしまいました。最近はブログやSNS関係のアドバイザリーが多くて自分のブログにまで手が回らないという本末転倒っぷりです(^^;)

さて、日本時間6/11の午前2時から「WWDC 2013」が開催されますね。
MacやiPhone関連の商品やサービスがいろいろと発表されそうな事前情報が飛び交っていますが、iPhoneオーナーとしてはiPhoneの新製品(iPhone5S?)とiOS7が気になるところ。

特にiOS7は、長らくAppleのプロダクトデザインを努めているジョナサン・アイブが「フラットデザイン」を取り入れることで、見た目が大きく変わるという話で、非常に気になります。

「フラットデザイン」とは、わかりやすく言えば最近のWindows8のスタート画面のような、シンプルでソリッドカラーを多用した、いかにも「アイコンです」といった感じのデザインと思っていいでしょう。

今までのiOSは、「メモ帳」や「ゲームセンター」アプリに代表されるような「リアルな道具などの質感や操作方法を持ったデザイン」を取り入れていました(「スキューモーフィズムデザイン」といいます)。
スキューモーフィズムデザインは、見た目で機能や操作がわかりやすい反面、デザイン的に冗長で饒舌すぎるきらいもあると考える人もいます。故スティーブ・ジョブズはスキューモーフィズムデザインを気に入っていたと言われています。

私はどちらかというとシンプルな見た目のフラットデザインはとてもApple的だと思います。そういう進化もあるだとは思いますが、直感的に操作が分かりやすいスキューモーフィズムデザインは、iOSの使いやすさの理由のひとつだったとも考えています。それ故、本当にiOS7がフラットデザインを取り入れるのなら、一抹の寂しさも感じてしまいます。(デザイン的にMicrosoftの後追いってApple的にどうよ、とも思ってしまいますね(^^;)

で、実際にiOSの見た目がどうなるのかが、このWWDC用のアプリで体験することが出来たりします。
WWDC - Apple をiTunesからダウンロード

今夜のWWDCのチェックにも使えますし、Appleの考えているであろうフラットデザインの参考になると思います。無料ですのでDLして使ってみると面白いかと。



タグ:ios7 WWDC
posted by kazu at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。