2012年12月14日

GoogleマップアプリがiPhoneに帰ってきました!!

早速使ってみましたが、さすがGoogleマップです。地図情報も豊富だし正確だし、検索結果からのルート引きも一発だし、もう言うことありません。

いや言うことあった! ターンバイターンの音声ナビがついてます!
旧iPhone標準マップアプリで果たせなかった音声ナビがとうとう実装されたのですよー。アンドロイドのマップアプリがうらやましかったのがやっと雪辱を果たした感じです。

Googleマップ+音声ナビ…という最強マップアプリが出た今、標準マップアプリどころか、各種のナビアプリにとっても脅威ですね。相当な付加価値がないと、このアプリとの競争は過酷です。

私は、オフラインマップを装備している「マップファン+」とこの「Google Maps」の組み合わせが今のところ一番です。iPhoneのマップ環境が一気に最高に。うれしいでねー。


心配なのは、標準マップアプリの行く末です。ほんとうに「まともな」地図アプリになれるのでしょうか?
そもそも、先日のスコット・フォーストール氏(マップアプリの担当)のApple退社のニュースなどを見ていると、iOS標準マップアプリの問題は、技術的問題でもデータの問題でもなくApple社内の政治的問題なのじゃないかと勘ぐってしまいます。マップアプリの混乱はジョブズ亡き後のAppleの象徴なのかも。


まあそれはともかく、このグーグルマップアプリ、無料ですしとりあえず落としておくと便利です。店舗やガソリンスタンド情報などのデータ量ではやはり群を抜いていますので、あるにこしたことはありませんですよ旦那。

Google Maps - Google, Inc.



タグ:地図 google iOS6
posted by kazu at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

iOS6でのマップアプリデータは日本ではインクリメントPが提供!

iOS6では、アップルさんのGoogle離れが進むことが確実です。
iOSがiOSと呼ばれる以前から今までずっとホーム画面にデフォルトで陣取っていた「YouTube」アプリはなくなり、「マップ」アプリはGoogle MapsからOpen Street Map(オープンストリートマップ)準拠に変わります。

実は、この地図アプリがオープンストリートマップ準拠になることが日本ではデメリットが多いと思っていました。オープンストリートマップの日本の地図を見ていただくとわかりますが、とても使えるデータとはいえません。(日本ではオープンソースの地図という文化が根づいていないことが最大の原因ですが…)

実際iOS6開発ツールでの地図表示を見ても、使い物になるんかいなというレベルでしたので、一体どうするつもりだろう思っていましたが…

日経ビジネスオンラインの記事「アップル、地図参入の波紋」において、国内地図大手インクリメントPが地図データを提供すると言及しています。

インクリメントPといえば、カーナビなども手がけているメーカさんです。また、私もiPhoneで愛用しているカーナビゲーション地図アプリ「MapFan for iPhone」も手がけています。(このアプリ、オフラインで詳細地図も含めた表示ができるのでオススメです)

これならiPhoneでの地図アプリの内容も安心して使えるレベルになりそうですね。ひと安心です。

【iOS6がリリースされてからの追記:】
結局蓋を開けてみれば、あんまり安心ではなかったですね、iOS6の新マップアプリ…(T_T)。
とりあえずは旧マップアプリのようにGoogle Mapsが使える「マイマップ+でもインストールしておくことにします。



タグ:地図 iOS6
posted by kazu at 22:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | iPhoneアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

iPhone用ChromeとGoogle DriveアプリはGoogleの反撃開始の先鋒…なのかな?

Google Chrome for iPhone

先日、ついにと言うかとうとうと言うかGoogleより公式に、Webブラウザ「Chrome」と「Google Drive」のiPhoneアプリがリリースされました。

アンドロイドのスマートフォンでAppleと対立する立場にあるGoogleです。ついこの前も、iOS6で「マップ」アプリをGoogle MapsからOpen Street Mapを使った独自のマップに切り替えることも発表されました。GoogleとiPhoneの関係は遠くなる一方…と思われましたが、そうでもないようですね。
いくらシェアを奪い合って対立する企業とはいえ、累計台数が2億台に届かんとするiPhoneを無視するわけにはいかないようです。

そのGoogleの反撃やいかに、ということで「Chrome」と「Google Drive」をインストールし使ってみたのですが…

「お前の実力はこんなものか!?」と言わざるを得ないというのが感想です。

「Google Drive」は「Dropbox」アプリと同様な機能です。GoogleDriveに保存したテキストなどが確認できるので便利ではあります。ただ、アプリそのものではなく、まだまだ他のアプリと連携したサービスが整ってないために使い勝手はいいとはいえません。
例えば、「Byline」のようなRSSリーダーで気になった記事をワンタップで保存したりできる連携機能ですね。この辺が整わない限り、わたし的にはGoogleDriveはメインサービスとしては使えないです。

「Chrome」は、Webブラウザとしての使い勝手にいくつか疑問があります。大きくはふたつ。「操作メニューが画面上に集中していること」と「タブの扱い(ユーザーインターフェイス)が直感的でない」ことです。
「操作メニュー」はできたら画面下にして欲しいですね。iPhoneアプリではそちらのレイアウトが多く、片手で操作するときにも画面下のほうが操作しやすいと思うのです。
「タブの扱い」は、Web閲覧中の画面では「左右にフリック」してタブを切り替えるのに、タブ表示画面では縦に並んだタブを「上下フリック」でめくる感じの操作になります。細かいことですが、こういったユーザー体験にそぐわない操作体系が、直感的な使いやすさの妨げになる(誤動作など)ことに繋がります。今から機能が増えてくると、けっこう致命的になりかねません。


Googleの動きを見ていますと、間違いなく「垂直統合型」市場を目指しているのだと思えるのですが、「Google+」にしろ「GoogleApp」や「GoogleDrive」にしろ、実際に出てくるサービスはまだまだちぐはぐです。 
ユーザーとしては、垂直統合にこだわらないで、個々のサービスが他のサービス(facebookやEvernoteやDropboxなど)との連携をとってくれるだけでも大きな利便性を得られてうれしいんですけど…
「Googleグラス」みたいなギークなアイテムを嬉々として発表しちゃう当たり、ユーザーの求めるものとの乖離は深いなー、と改めて感じてしまいます。

Webサイトから「Flash」を排除するAdobeとの戦いに勝ってしまったAppleです。このまま「Googleが要らないiPhone・iPad」になってしまうのは、ユーザーとしても不便ですし不本意です。

だからGoogleがんばれ。超がんばれ!


タグ:google
posted by kazu at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。