2011年09月02日

スティーブ、ティム、iPhone

jobs_snd iphone.jpeg

スティーブ・ジョブズAppleのCEOを退任すると発表されてしばらくがたちました。
後任はティム・クック氏。ジョブズとともに最近のAppleの快進撃を支えてきた重要人物です。

これはiPhoneユーザーの私たちにも大変関わりのある事件です。

スティーブ・ジョブズという人物がもたらしたイノベーションは、アップル社だけのものではなくITを始めマーケティングやライフスタイルにまで世界レベルで大きな影響を与えてきました。

iPhoneはその最たるものです。スマートフォンという市場を開いたのはRIM社のブラックベリー(オバマ大統領で有名になりましたね)ですが、iPhoneはそれを一般市場に広め「デファクトスタンダード」となりました。

ジョブズが率いるAppleは「Rest of Us=我々技術者以外のみんな」が使えるIT商品を標榜して世に送り出してきました。
「ユーザーエクスペリエンス」を一番大事にし、OSを含むソフトにしろハードにしろ「機能」や「技術」を前面に出さず、「直感的使いやすさ」「一般に人に広く受け入れられる美的感覚」など、他のIT関連の企業とは全く違ったアプローチでその市場を築いてきました。

これらはAppleの企業風土である以前に、スティーブ・ジョブズという傑出した人物のセンスに大きく基づいたものです。
誤解を恐れず極論すれば「Apple=ジョブズ」であったわけです。

実際、ジョブズがAppleを去っていた一時期、当時のアップルコンピュータは倒産寸前までいき、他の企業に買収されることが決定事項になっていた状態にまでなっていました。

結局アップルコンピュータは、かつて追い出したスティーブ・ジョブズに再建を頼ることになります。
ジョブズという男は「iMac」という武器で、劇的な再生をアップルコンピュータにもたらします。
この後の流れは皆さんの記憶にも新しいでしょう。

そして、ジョブズ率いるAppleの第2次黄金期の象徴が、我が「iPhone」であると私は思います。


ジョブズがAppleに戻ってきてからの10数年は、Appleにとっても、私のようなAppleファン・Macファンにとっても「奇跡」の大安売りのような時間でした。
わずか年給1ドルのCEO「スティーブ・ジョブズ」という存在のカリスマ性もいや増すこととなりました。
ジョブズのいないAppleなど想像もできないくらい…

しかし、その時はやってきます。

「膵臓ガン」にかかっているというニュースがそれを予感させたこともありました。しかし、私などは(ガンの摘出も上手くいきすぐに現場復帰したこともあり)「そのときが永遠に来ない」ような錯覚を(希望込みで)していたような気がします。


「スティーブ・ジョブズ抜きのApple」はどうなっていくのでしょう?

ティム・クックはAppleの精神を良く理解している人物です。CEOとしても、以前のアップルコンピュータを凋落に導いたCEOたちとはひと味もふた味も違う人物だと見受けられます。

確実に言えることは、今からのAppleなりiPhoneなりが今まで以上のイノベーティブな市場を作り出したとしても、それは「ジョブズのApple」の製品ではないということです。

スティーブ・ジョブズという人物は、天才的な人物像によくあるようにいろいろと問題もあった人間のようです。(「Reality distortion field=現実歪曲空間」という言葉まで生み出しましたw)
AppleIIトールボーイMacからiPodiPhoneまで、その個性強い人間の芸術作品であったように受け入れていた自分がいます。


おそらく、もう2度とジョブズの作品を見ることが出来ない、所有することが出来ないという飢餓感を覚えながら、それでもiPhoneを始めとしたApple製品を使い続けていくことになると思います。

稀代な天才のいる時代に居合わせた幸運に感謝しながら。




posted by kazu at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

とうとうiPhone4白モデルが発売に!

iPhone_white_new.png

お待たされました!

ていうか白iPhone4待たされすぎて、先月しびれを切らして黒モデル買っちゃったひと手を上げて!

はーい!(^O^)/



…あんなに「iPhone4だったら白!白いの買うから!」と言い張っていたのに、がまんできずに黒買っちゃったらこれですよ。

なんていうか失敗すぎました。
なんでこのひと月が待てなかったのか。ていうか、もっと早くアナウンスしてください…お願いだからジョブズ…


このiPhone4白、知り合いの女性が買うそうです。買ったらなめるように見せてもらいますとも、ええ。

くやしいので、前に書いた記事の「iPhone4黒を白モデルっぽくする裏技」でも試してみますかね〜

もしくはこうなったらiPad2白でも買いますか〜(←もはや判断力がおかしい)



タグ:iphone4 softbank
posted by kazu at 06:57 | Comment(1) | TrackBack(0) | iPhoneニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

iPhoneで震災への支援募金を!

ソフトバンクかんたん募金

未曾有鵜の大震災に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

私自身は震災の影響のほとんどない九州住まいなのですが、私の仕事関係の友人とまだ連絡が取れておらず心配です。(きっと大丈夫だと思います(追記:3/20無事連絡とれました))
そんな中で自分にもできることをいろいろ探しているところです。

皆さん同様のiPhone使いとして、iPhoneから募金ができるアプリソフトバンク かんたん募金 - SOFTBANK MOBILE Corp.』をソフトバンクが公開していますので、レポしておきます。


アプリは無料ですので普通通りにiPhoneへインストール。
アプリを立ち上げると上のような画面になり、ここで募金先を選べます。今回の東日本大震災向けには「東北地方太平洋沖地震義援金プロジェクト(主催:ソフトバンク)」です。
(注意!:同名のサイト(http://info.mb.softbank.jp/f/disaster/)は残念ながらiPhoneには非対応です。アプリを利用するしかないようです)

募金先を選ぶと、金額を指定できます。
100円、300円、500円、1000円、3000円、5000円の中からドラムセレクタで選びます。
決済方法はクレジットカード(VISAかマスターカードのみ)、SoftBankマネーが使用できます。

最後にカード情報を入力するときに突然Safariが立ち上がるのでちょっとびっくりしますが、そこでカード情報などを入力する事で募金が完了です。(できたらアプリ内で完結してもらった方が安心なんですけど…まあ仕方ないですね)


震災は時間が経てば必要になってくる支援は「モノ」だけではなく「マネー」です。復興や被災された方が七条に戻れるためにはお金による支援も必要であり、また大変役に立ちます。
わずかでもいいです。ぜひとも支援の手を!!

ソフトバンク かんたん募金 - SOFTBANK MOBILE Corp.





タグ:震災 募金
posted by kazu at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。