2012年12月14日

GoogleマップアプリがiPhoneに帰ってきました!!

早速使ってみましたが、さすがGoogleマップです。地図情報も豊富だし正確だし、検索結果からのルート引きも一発だし、もう言うことありません。

いや言うことあった! ターンバイターンの音声ナビがついてます!
旧iPhone標準マップアプリで果たせなかった音声ナビがとうとう実装されたのですよー。アンドロイドのマップアプリがうらやましかったのがやっと雪辱を果たした感じです。

Googleマップ+音声ナビ…という最強マップアプリが出た今、標準マップアプリどころか、各種のナビアプリにとっても脅威ですね。相当な付加価値がないと、このアプリとの競争は過酷です。

私は、オフラインマップを装備している「マップファン+」とこの「Google Maps」の組み合わせが今のところ一番です。iPhoneのマップ環境が一気に最高に。うれしいでねー。


心配なのは、標準マップアプリの行く末です。ほんとうに「まともな」地図アプリになれるのでしょうか?
そもそも、先日のスコット・フォーストール氏(マップアプリの担当)のApple退社のニュースなどを見ていると、iOS標準マップアプリの問題は、技術的問題でもデータの問題でもなくApple社内の政治的問題なのじゃないかと勘ぐってしまいます。マップアプリの混乱はジョブズ亡き後のAppleの象徴なのかも。


まあそれはともかく、このグーグルマップアプリ、無料ですしとりあえず落としておくと便利です。店舗やガソリンスタンド情報などのデータ量ではやはり群を抜いていますので、あるにこしたことはありませんですよ旦那。

Google Maps - Google, Inc.



タグ:地図 google iOS6
posted by kazu at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

iTunesカードをファミリーマートで買うと実質20%引きになるキャンペーン実施中

iTunesカード(iTunesギフトカード)使ったことありますか?
iTunesでアプリや曲を買うときに使えるプリペイドカードですね。友達や家族にプレゼントとして贈ったり、自分のアップルIDにクレジットカードを登録したくない場合などにも役に立ちます。

実はこのiTunesカード、3ヶ月に一度ほど「最高20%ギフトコードでキャッシュバック」というキャンペーンをやっています。今回はファミリーマートでのiTunesカード購入が対象です。
・対象期間は2012年12月4日(火)〜25日(火)
応募期間は2012年12月4日(火)〜2013年1月6日(日)
となっています。

キャッシュバック額は以下の通り。
・iTunesカード(App Storeカード) 3000:500円分
・iTunesカード 5000:1,000円分
・iTunesカード 10000:2,000円分

応募方法は、ファミリーマートでiTunesカードを買ってきたら、iTunesカードキャンペーンのファミリーマート専用サイトへアクセスして、ギフトコードを受け取るためのメールアドレスと購入したカードのコードを入れます(ちょっとだけアンケートもあります)。

割とすぐにメールでiTunesギフトコードが届きます。メールに書いてあるコードは、iTunesストアの自分のアカウントにコピペすればすぐに使えます。


ぶっちゃけて言えば、5000円か1万円のiTunesカードを買えば、iTunesストアでアプリや音楽・映画などが20%分割引で買える、ということですね。かなりのお得感があります。私もこのキャンペーン中は1万円のカードを迷わずゲットしています。2000円分のキャッシュバックはお得感が大きいですからねー。

そういえば、Macやパソコンの方に限られますが、先日アップデートされたiTunesのバージョン11から、iTunesカードのコードをパソコンのWebカメラから読み取る機能が追加されています。いちいち数字とアルファベットの混ざった十数桁のコードを確かめながら入力する手間が省けるのはありがたいです。iTunesカードを買ってきたら早速試してみます。というかiPhoneやiPadのストアにこそ、この機能付けて欲しいですよね。


posted by kazu at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

iPhone4をiOS6.0.1にアップデートしてみました(無事生還)

iOS6.01のアップデートがでています。
今回のアップデートの内容は以下の通り。

• iPhone 5にソフトウェア・アップデートをワイヤレスでインストールできない問題を修正
• キーボード上に横線が表示される問題を修正
• カメラのフラッシュが消えなくなる問題を修正
• 暗号化されたWPA2 Wi-Fiネットワークに接続しているときの、iPhone 5およびiPod touch(第5世代)の信頼性が向上
• 一定の場合に、iPhoneでモバイルデータ通信ネットワークを使用できなくなる問題を修正
• iTunes Matchの“モバイルデータ通信”スイッチを統合
• ロック画面からPassbookパスの詳細にアクセスできてしまうパスコードロックの問題を修正
• Exchange会議に関する問題を修正


…ということですので、うちのiPhone4には関係なさそうなアップデートですが、とりあえず当ててみます。

いつものように、MacのiTunesにつないでアップデートをかけます。
アップデートファイルのダウンロードですが、「886MB - あと54分」とでました。…待ち長いですな…。(追記:iPadの方を昼間にアップデートしたら、「1.08GB - あと15分」でした。時間によってアップデートサーバの込み具合がずいぶんと違うようです)

長いダウンロードが終わると、あとは10分ほどで一度再起動して終了です。マイナーアップデートということもあり、難なく無事にiOS6.0.1になりました。


基本的にiPhone5への不具合対策が中心のようですし、うちのiPhone4には必要なかったかな。今回は無理してアップデートする必要も無かったかも知れませんね。

アップデートして数時間使用していますが、特におかしいこともないです。
おそらく大丈夫かとは思いますが、iPhone4とiOS6.01の組み合わせで不具合などありましたら追ってレポします。


【二日ほど使っての追記:】
今の所、iPhone4+iOS6.0.1も全く問題なしです。ちなみにお問い合わせの多いマップアプリは、残念ながらまだそのまんまですね。「パチンコガンダム駅」も健在です…(泣笑



posted by kazu at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneのOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。