2012年09月13日

iPhone5はまさにリーク通りでしたね

iPhone5

眠い目をこすりこすりアップルイベントでの新iPhoneの発表を見守っていた方々、お疲れ様でした! 私はダウンしまして今しがた後追いで情報を確認しましたです。

しかしホントにリーク情報の通りでしたね。そのせいか新iPhone登場!という驚きが少なかったのも事実です。ある意味リーク情報の正確さの方がびっくりでした。

それはともかく、数字も「4」から「5」になってiPhoneも外見から機能から大きく変化しています。まとめますと、

・4インチディスプレイ、縦長の本体
・ブラック&スレート、ホワイト&シルバー
・Lightningコネクター(小型化コネクタ)
・ヘッドフォン端子が底面に

見た目ですぐわかるのが、画面の大型化。ピクセル数は1,136 x 640ピクセルとなりました。幅はiPhone4とほぼ同じですが縦が長くなっています。今までのバンパーやケースは使えませんね。

また、ドックコネクタが小型化(「Lightning」コネクタ)です。「Lightning」という名前は、macのほうで採用されている「Thunderbolt」というインターフェイス名からあやかってるのでしょうか?
もちろんこれもiPhone4/4S以前のドックコネクタとは互換性がありません。従来の30ピンタイプとのアダプタは10月に発売予定のようですので、それを買えばケーブルなどはとりあえず使いまわせそうです。

一番気になったのが、ツートンカラーの外見。リーク情報の頃から「微妙かも…」と思っていたので、ここだけは外れて欲しかったのですが、これもそのまんまでした。
ちなみに、「黒」モデルが「ブラック&スレート」、「白」モデルが「ホワイト&シルバー」という構成です。「黒」は裏面のアップルマークまで含めてほんとに真っ黒になってしまいました。
実機を見たら印象が変わるかもしれないのですが、なんだかちょっとおしゃれ気なアンドロイド機のような感じを受けるんですよねー。iPhone4に比べてAppleのプロダクトっぽさが減少してしまってるといいますか…。

機能的には、「A6プロセッサ採用(新しいiPadと同じ)」「カメラ機能の向上」「LTE対応(新しい速い通信規格)」など。噂のあった「NFC(いわゆるおサイフケータイ)」は採用されませんでした。


私のiPhoneは、まだiPhone4ですので「5」に買い換える気満々なのですが、やはり外見のイマイチな印象が気持ちにブレーキをかけています。
きっと実機を見たら(たぶん白を)買っちゃうんでしょうけどね(^_^;)


タグ:iPhone5 iOS6
posted by kazu at 07:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

iPhone5はどうやらリーク情報通りの外見なのかな?

どうやら発表がカウントダウンの段階に入っているらしい「iPhone5」ですが、いつものようにいろいろなリーク情報が飛び交っていますねー。

ただiPhone4S以前の頃のリーク情報と比べ、ほぼ情報が一つの形でまとまっているっぽいのが今回のiPhone5に関する情報の特徴でしょう。
フライングでもうすでにAmazonでiPhone5用のケースも売っていますし(笑)

ジョブズが亡くなってからアップル社の情報保持力が弱まったのか、はたまた「意図的リーク」による一種のテザー広告なのか、それは不明ですが、自分的にはリーク情報の通りのiPhone5が出て来ることが間違いなさそうだなー、という気持ちになっています。

どういう情報がリークされているは、こちらのNAVERまとめのページなどを参考にするといいでしょう。

ざっとまとめますと、

・4インチのディスプレイ
・縦長の本体
・裏はアルミと樹脂のツートン
・ドックが小型化
・ヘッドフォン端子が底面に

このあたりが今のiPhone4/4Sとの大きなモデルチェンジ内容になりそうです。(ちなみにCPUも最新の「A6」プロセッサになりそうですね)


仮にこれが「iPhone5」もしくは「新しいiPhone」(iPadにならってナンバリングが無くなる可能性も大です)だとして、自分的には期待と不安相半ばといった感じです。

ディスプレイが大きくなるのは、HDムービーを見るときに画面いっぱいで見られますし、画面の情報量が多くなってありがたいのですが、今のiPhone4/4Sの「片手で操作できる」サイズでは無くなりそうなのが心配です。
アンドロイド機を触ることも多いですが、4インチディスプレイ(それより大きなものも多いですが)の機種は、片手操作では親指が届かないんです。

画面大型化(とCPUの高性能化)は、バッテリーの持ち時間に大きく影響しますので、それも不安ですねー。

あと、人によるでしょうが裏面のツートンがどうも安っぽいというか、ミニマルデザインのAppleらしくないというか…

ドックコネクタが小型化するのも、今までのドックケーブルなどが使えなくなってしまうのはけっこう痛いです。ドックケーブルは変換器などを使うことで使い回せるかもしれませんが、ドックスピーカーなんかは無理そう。

ヘッドフォン端子が底面に回るのはけっこうありがたいかもしれません。ヘッドフォンのケーブルが上から出てるのは割と邪魔ですし、胸ポケットなどににしまう時、上下逆さまのほうが自然にしまえます。



…あれ、不満の方が多いですね〜(笑)

でも私用のiPhoneは4Sにせず4のままで我慢してきましたので、iPhone5が出たら間違いなく買い換えるとは思います。siriさんとお話もしたいですしね(^_^)



タグ:iPhone5
posted by kazu at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

iOS6でのマップアプリデータは日本ではインクリメントPが提供!

iOS6では、アップルさんのGoogle離れが進むことが確実です。
iOSがiOSと呼ばれる以前から今までずっとホーム画面にデフォルトで陣取っていた「YouTube」アプリはなくなり、「マップ」アプリはGoogle MapsからOpen Street Map(オープンストリートマップ)準拠に変わります。

実は、この地図アプリがオープンストリートマップ準拠になることが日本ではデメリットが多いと思っていました。オープンストリートマップの日本の地図を見ていただくとわかりますが、とても使えるデータとはいえません。(日本ではオープンソースの地図という文化が根づいていないことが最大の原因ですが…)

実際iOS6開発ツールでの地図表示を見ても、使い物になるんかいなというレベルでしたので、一体どうするつもりだろう思っていましたが…

日経ビジネスオンラインの記事「アップル、地図参入の波紋」において、国内地図大手インクリメントPが地図データを提供すると言及しています。

インクリメントPといえば、カーナビなども手がけているメーカさんです。また、私もiPhoneで愛用しているカーナビゲーション地図アプリ「MapFan for iPhone」も手がけています。(このアプリ、オフラインで詳細地図も含めた表示ができるのでオススメです)

これならiPhoneでの地図アプリの内容も安心して使えるレベルになりそうですね。ひと安心です。

【iOS6がリリースされてからの追記:】
結局蓋を開けてみれば、あんまり安心ではなかったですね、iOS6の新マップアプリ…(T_T)。
とりあえずは旧マップアプリのようにGoogle Mapsが使える「マイマップ+でもインストールしておくことにします。



タグ:地図 iOS6
posted by kazu at 22:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | iPhoneアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。