2012年07月06日

iPhone用ChromeとGoogle DriveアプリはGoogleの反撃開始の先鋒…なのかな?

Google Chrome for iPhone

先日、ついにと言うかとうとうと言うかGoogleより公式に、Webブラウザ「Chrome」と「Google Drive」のiPhoneアプリがリリースされました。

アンドロイドのスマートフォンでAppleと対立する立場にあるGoogleです。ついこの前も、iOS6で「マップ」アプリをGoogle MapsからOpen Street Mapを使った独自のマップに切り替えることも発表されました。GoogleとiPhoneの関係は遠くなる一方…と思われましたが、そうでもないようですね。
いくらシェアを奪い合って対立する企業とはいえ、累計台数が2億台に届かんとするiPhoneを無視するわけにはいかないようです。

そのGoogleの反撃やいかに、ということで「Chrome」と「Google Drive」をインストールし使ってみたのですが…

「お前の実力はこんなものか!?」と言わざるを得ないというのが感想です。

「Google Drive」は「Dropbox」アプリと同様な機能です。GoogleDriveに保存したテキストなどが確認できるので便利ではあります。ただ、アプリそのものではなく、まだまだ他のアプリと連携したサービスが整ってないために使い勝手はいいとはいえません。
例えば、「Byline」のようなRSSリーダーで気になった記事をワンタップで保存したりできる連携機能ですね。この辺が整わない限り、わたし的にはGoogleDriveはメインサービスとしては使えないです。

「Chrome」は、Webブラウザとしての使い勝手にいくつか疑問があります。大きくはふたつ。「操作メニューが画面上に集中していること」と「タブの扱い(ユーザーインターフェイス)が直感的でない」ことです。
「操作メニュー」はできたら画面下にして欲しいですね。iPhoneアプリではそちらのレイアウトが多く、片手で操作するときにも画面下のほうが操作しやすいと思うのです。
「タブの扱い」は、Web閲覧中の画面では「左右にフリック」してタブを切り替えるのに、タブ表示画面では縦に並んだタブを「上下フリック」でめくる感じの操作になります。細かいことですが、こういったユーザー体験にそぐわない操作体系が、直感的な使いやすさの妨げになる(誤動作など)ことに繋がります。今から機能が増えてくると、けっこう致命的になりかねません。


Googleの動きを見ていますと、間違いなく「垂直統合型」市場を目指しているのだと思えるのですが、「Google+」にしろ「GoogleApp」や「GoogleDrive」にしろ、実際に出てくるサービスはまだまだちぐはぐです。 
ユーザーとしては、垂直統合にこだわらないで、個々のサービスが他のサービス(facebookやEvernoteやDropboxなど)との連携をとってくれるだけでも大きな利便性を得られてうれしいんですけど…
「Googleグラス」みたいなギークなアイテムを嬉々として発表しちゃう当たり、ユーザーの求めるものとの乖離は深いなー、と改めて感じてしまいます。

Webサイトから「Flash」を排除するAdobeとの戦いに勝ってしまったAppleです。このまま「Googleが要らないiPhone・iPad」になってしまうのは、ユーザーとしても不便ですし不本意です。

だからGoogleがんばれ。超がんばれ!


タグ:google
posted by kazu at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

BCジャパン COLORS MarkII(HPC240-BK)をiPhoneで使ってみた

私の仕事する場所の範囲には自衛隊の飛行場があります。
この戦闘機の発着音と言ったらもう大変なものです。電話の音も聞こえませんしこちらの声も相手に聞こえなくなってしまいます。

うるさい間は電話を中断するしかなかったのですが、ふと「ヘッドセットのノイズキャンセリング機能ってこういう時に役立つんじゃね?」と思いついて、Bluetoothでノイズキャンセリング機能のついた機種で手頃なものを購入して試してみました。

それが今回レポする「BCジャパン COLORS MarkII ノイズキャンセル機能搭載型Bluetoothワイヤレスハンズフリー ブラック HPC240-BK」です。




この機種は、Bluetoothヘッドセットとしては標準的な「HFP/HSPプロファイル」のみが搭載です。ヘッドセット機能専用ということですね。音楽などを聞くためのプロファイル(A2DPなど)はありません。そこは要注意です。

イヤフォン部分はカナルタイプです。自分の耳に合うイヤーチップを選べば遮音性はバツグン。騒音下で使うにはこれは必須ですね。

じっと座って話をするなら、このイヤーチップのお陰でイヤーフックなしでも保持できるのもいいです。イヤーフックって電話がかかってきた時に耳にかけるのがちょっと手間取るんですよね。ちなみにこの「COLORS MarkII」のイヤーフックは簡単に着け外し出来ます。

そして本命の「ノイズキャンセリング機能」です。

知り合いに実験を頼んで、戦闘機が気合入れて発着している時間中にこの「COLORS MarkII」をペアリングしたiPhoneで電話します。ちなみにこの時の騒音の大きさは、テレビのスピーカーからの音なんかはまず聞こえない状態です。数分この騒音下で話した状態での、お互いの感想です。

■ 発信側(自分):相手の声ははっきり聞き取れます。カナルタイプの面目躍如です。開いている耳を手でふさぐと更に効果大。

■ 受信側(相手):ノイズらしきものは増えたけど、声ははっきり聞こえたようです。こちらがことさら声を張り上げる必要もなし。

あの爆音下でちゃんと通話が成り立ったことを確認しました。
目の前にいる人との会話もままならない騒音の中なのに、むしろ電話での通話のほうがちゃんとできるというのが、もうほんとにテクノロジーバンザイです。

普段の通話用にもこれを使うことになりそうです。ノイズキャンセルは、普通の騒音でも役に立ちますしね。

ただひとつだけこの「COLORS MarkII」には不満があります。音量調整する機能がないのです。
ですので、受話音量や呼び出し音は、iPhone側ですることになります。普段のiPhoneの呼び出し音の音量設定だと、これを耳にしてる時の音量が大きすぎて心臓に悪いです(笑)。
「COLORS MarkII」のイヤフォンの音質が素直で人の声は聴きやすく、相手音声の音量もiPhone側で調整できるのでそう不便というわけではないです。


デザインも悪くないし、Amazonで2000円を切る値段だったこともあって何も考えずに購入したのですが、iPhoneとのペアリングもあっさりいって問題なし。機能的にも大満足です。

「ノイズキャンセリング機能」ってほんとに素晴らしい!



posted by kazu at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone用グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

iPhone4で使用時間と起動時間が同じになったトラブルからの生還(かなり難航の末)

久々のトラブル関係のエントリです。

うちのiPhone4は、パケット代節約のために「モバイルデータ通信」をOFFで使っています。(参考記事エントリ)

この使い方では、パケット代は節約できますが実は「MMSが使えない」というけっこう不便な難点があります。
MMSが受信も送信もできないだけならまだいいのですが、「モバイルデータ通信を"OFF"にしている間にMMSの着信があると、『使用状況』の中の『使用時間』と『起動時間』の表示が同じになってしまう」というバグっぽい不具合があります。

この不具合が出たときは、一時的に「モバイルデータ通信」を「ON」にして、受信しそこねたMMSをすべてiPhoneで受信してしまうことが解決法です。
私のように「モバイルデータ通信」をオフで使っている人で同様な不具合を経験したら、まずこれを試してみる事をおすすめします。


しかし!

先日(4月半ばくらいだったかな?)、また「起動時間と使用時間が同じになる」現象が出たので、上に書いたように「モバイルデータ通信」をオンにしてMMSを受信してみたのですが…

MMS来ねーっ!
なので不具合治らねーっ!!

で、ネットで同様の現象のトラブル例をいろいろと検索してみました。

いくつかの同様なトラブル例を読んでいて、どうやら「バックグラウンド」で「何らかのアプリ」が「勝手に通信をしようとしてデータが受け取れない状態が続いている」ことが原因らしいことがわかりました。

確かに「MMSが受信できていない」という(うちで頻発していた)例では、条件的にその通りです。

これらのトラブル報告を記事にしていたブログなどでは、「ネットワーク設定のリセット」がかなり有効そうである事が書かれていました。また、「iTunesを使ってiPhoneを工場出荷状態に戻して復元」も最後の手段として使えることが書いてあります。

で、どっちも試してみました。


なのに不具合治らねーっ!!


iPhoneを工場出荷状態に戻した際に、iPhone本体の設定は全てリセットされています。それが効いてないということは、どうやらiPhone自身の「設定」関連は関係ないようです。

ということは「復元」をした際に初期化前の状態に復元されてしまう何らかのアプリでの「設定」が問題なのだろうと見当をつけました。

で。
原因になっていそうなアプリをひとつひとつ設定しなおしながらチェックしてみました。このへん長くなるので省いて結論だけ書きます。


問題だったアプリは「facebook」公式アプリでした。


facebookアプリは「設定」が2ヶ所あります。ひとつはfacebookアプリ内のメニューの下の方にある「歯車マーク」の設定画面。
もうひとつはiPhoneの「設定」内の下の方にずらっと並んでいるアプリごとの「設定」です。犯人はこの中に潜んでいました!

この「設定」の中の「facebook」をタップした画面を出すと、下の方に「プッシュお知らせ」という項目があります。
この項目をタップした中にはたくさんの設定項目があるのですが、いつの間にかこれが全て「オン」になっていました

私はfacebookはサイトのほうでの設定で、「メッセージの着信」や「友だち申請」あたりしかメール連絡が来ないようにしていたのですが、iPhone側の設定がそんな状態だったので、データ送受信に整合性が取れなくなっていた状態だったようです。

さっそく「プッシュお知らせ」をすべて「オフ」にします。そしてiPhoneを再起動。


起動時間と使用時間違う表示に戻ったー!!


ここには書いてませんが、試行錯誤で相当苦労しました。iPhoneの初期化→復元も何度繰り返したことか…(泣)

実はfacebook公式アプリは、以前からいろいろと不具合を出してまして(日本語入力画面の不具合など)、改めて「なんだかなー」と。

ただ、「iPhone 起動時間と使用時間が同じ」で検索しても、facebookアプリが原因という報告は見当たらなかったので、あまりメジャーな要因では無いのかもしれません。
「こういうケースもあったよ」ということで記事にしておきます。同様のトラブルで困っているひとのヒントになれば幸いです。



posted by kazu at 00:01 | Comment(5) | TrackBack(0) | iPhoneのトラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。